タイ渡航記

【2022年3月タイ渡航記】Nana Plaza

ナイトクルーズを十分堪能した後、船は再びICONSIAMの波止場へ戻ってきた。予定は9時半のところ、9時45分だった。ここからBTSだと流石に11時近くになってしまいそうだったので、高島屋の入り口からタクシーに乗った。Gumが運転手に伝えようとするも私が試してみたかったので、例の呪文を唱えてみる…


Pai Sukhumvit soi 4 dai mai


こう唱えてみると、運転手はDaiと首を縦に振りメーターを倒した。以前は何回やってもダメだったのに前回辺りから伝わるようになった気がする。Gumと一緒に住んでいるからか、声調を多少覚えられたのかもしれない。Freedomのタクシー会話スキルは1上がった。


しかし初っ端から渋滞に巻き込まれてしまう。運転手は私の意図を汲んだかのように、僅かな隙間でも抜きに行く。そして直線はベタ踏み。少し怖いくらいのかっ飛ばし具合で、15分強でSoi4の入り口へ着けてもらう。お礼にチップ込み100THB渡したら喜んでいた。


Soiは沢山の人で賑わっていた。バービアは相変わらずファランが大半で、日本人は皆無。私はGumの手を掴み離れないよう先導した。普段一般タイ人が近づかない場所だろうし、酔っ払いに絡まれても困る。Morning NightからBIGDOGSまで歩き、いつもの入り口へ。明かりが点いているものの、まだ半分以上は閉店しているようだった。写真は後日撮影したものだ。

後日Nana Hotel内のトイレを借り、再突撃前に撮影したNANA PLAZA入口

入り口で体温チェックとアルコール消毒をしてからNana Plazaへ入る。とりあえずすぐ右の祭壇の前で二人で祈りを捧げてからエスカレーターで2階へ上がる。以前は青かった二階の右奥も、今は真っ赤な電飾に変わっている。 過去の在住者Youtube動画で嫌という程見せつけられたその場所へ… こちらの写真も後日のもの。


ここ最近はあまり情報を調べないで行ったため、てっきりR5が週末のみでR4を開けているものだと思っていたが、私が行った時は真逆で例の新店舗のみを開けていた。そう、皆さんご存知のRAINBOW5だ。

後日3階 元ENTERがあった場所から見たRAINBOW5

新店舗といっても、Openしてから既に1年以上が過ぎている。変遷を辿ると、Covidでタイへ渡航出来なくなってからRAINBOW1と3が閉店。1と3の合併店みたいな感じでRAINBOW5が始まり、RAINBOW2と4と5で暫く営業するも、再度Covidで閉店。その間にRAINBOW2が閉店。その後は5のみで営業を再開した。更にその後新店舗がOpenしたが、時系列がずれてしまうので後日書く。


赤い壁に近づくにつれ、聴こえる爆音が大きくなる。店の前まで行き、私はGumを連れているので用心棒に入店を断られるかと思った。しかし用心棒はカーテンを持って通してくれた。


店の中へ入ると、壁側とソファー席はほぼ満席で、中央の島と島の間の席に座った。トイレの横には出勤ホワイトボードがあり見てみると、書き忘れなし前提とすると、この日はたった2PB。出勤しているダンサーは約50名弱で3列に書かれていた。何番がPBされているかは今日が初回でまだ誰が誰だかわからないので全く覚えていない。


ウエイトレスに案内され、とりあえずビアシンを2本注文した。閉店前だがステージはかなりの数のダンサーが踊っていた。


踊る…? って、ここは新店舗だけどあのRAINBOWだよな??? えっ?????


横揺れは多いが、ダンサーが普通に踊っているのだ。あの突っ立ちで有名なRAINBOW系のダンサーが踊っているってどういうこと???????


私はショックが隠せず、暫く口を開けたままステージの上を見渡してしまった。服装は前情報の私服ではなく、薄手の黒の透けているキャミソール+下着という構成で、寧ろ今までの水着+ふんどしTバックよりこっちの方が流行るんじゃね?と思ってしまった。


店内を見渡すと以前ヘンテコなネクタイをいつもつけていたR2の若マネージャーらしきおっさんがR5でも同じような立場なのか、常連客にペコペコし回っていた。このおっさんは私の所には一度も来たことがない。R2の時から酒飲んでばかりで殆どPBしないので、きっと嫌われているんだろうw


Gumは緊張しまくっているのか、横顔を見たら固まってしまっている。やはりショックが大きかったのだろうか。時々私から声を掛けながら緊張を解すようにしたら、慣れてきたのか辺りのダンサーを見回していたw


そんな訳で、私もGumを連れて少し緊張していたけれど解れてきたので、早速ステージ上や待機中のダンサーを見渡すも楽しいけど緊張からか、Twitterを触ってしまっていた。


うーん、多分過去にR1〜R4で見かけたダンサーが多いんだろうけど、あまり思い出せない。店の曲調はR1やR2と似ている。いわゆるタイEDM四つ打ち系だ。良くも悪くもこれがRAINBOWって感じがして懐かしい気分になった。稼働率は70%くらいで、日本人、ファランが半々くらいだった。


ウエイトレスがビアシンを持ってきてChon Keaw !と瓶を鳴らして飲み込む。gogoで飲む酒はめちゃめちゃ美味い。いかんいかん、酒を飲むだけでどんなダンサーがいるかわかりませんでした!ではGumを連れて偵察している意味がなくなってしまう…


そろそろ真面目にリサーチしますかということで、ステージのダンサーをゆっくり眺める。数名はGumがいるのにお構いなしに目を合わせてくる。その内の一人は以前R4で長時間ロックオンしてきたヘアピン竹内アナ似か?と思えたのだが、いまいちハッキリと思い出せない。私が覚えている番号とは異なる。そりゃ店が違うのだから当然か。でも顔は似ているので本人なのかもしれない。


以前と変わらないのは1桁から100番代は正規(社員)ダンサー、200番代がウエイトレス、300以降が非正規ダンサーに見えたけど、以前もどういう分け方だったのかは、店員に聞いたことがないので知らないw


ロックオンしてきたダンサーは300番台と600番台だったが、その他はあまりリサーチ出来なかった。時間があまりないのとGumに気をかける必要もあった。全体を見渡せる席はDJ機材がある店を入って右側の小さいテーブル席の3つ。トイレも比較的近く、出勤表もトイレついでに見ることが出来るので、ここが特等席と思われる。両端へ行ってしまうとどうしても片方のステージしか見えなくなってしまう。そこに優先的に座らせてもらいたいので、この日からウエイトレスと飲む様にした。


まずはR4ウエイトレスのMaiの友人のBenzを見掛けたので、呼んで一杯提供。向こうは私を知らない様だったけど、経緯を話して多少理解した様だったが、まだいまいちわかっていない模様だった。


私のビアシンが早々となくなってしまい、Gumは殆ど飲めないのでそれをもらって飲みながらステージを見渡すも、この日はいまいちピンとくるダンサーはいなかった。


ある程度店の雰囲気がわかった私はGumに声を掛け、支払いを済ませて外へ出た。ビアシン120THB、LDは195THBだったと思う。R系は以前165THBだったので値下がりしていた。

2階をコの字状にR5と反対方向へ向かうと、SPANKIESとRANDOMともう2店舗程やっていたが、この日はRandomへ入ってみた。元RAINBOW3があった場所だ。


えっ? ここも客とダンサーが一緒に楽しく踊っている… この2年で一体何が起きたのか。店の正面奥がステージになっていて、元ステージがあった場所はテーブル席がいくつか置かれていて、壁側はソファー席が並んでいた。今回は右側のソファー席が2つ空いていたのでそこへ案内された。


ここでもビアシン2本を注文した。客は7割ファラン、残りは日本人。ソファー客はみんなダンサーを上に乗せて踊っている。テーブル席の客はダンサーと立って踊っていた。2年前はこんな風景見たことがない。


ここもダンサーはキャミソールの下は下着で普通に踊っていた。客が少ないからか、客1に対しダンサー3みたいなところばかりで、物凄い盛り上がりよう… GumもR5にいた時より唖然として周りを見ていて面白かった。ここのダンサーも過去Rainbow系やTwister系で見た様な顔が何人かいた様な気がした。


私は特にダンサーを呼ばなかったのだけど、隣の若いファランのお客さんとついていたダンサーがこちらにちょっかいを出してきて、乾杯したりで一緒に楽しませてもらった。こちらはhip-hop系の後、閉店前だからかモーラムやタイソングに変わり更に盛り上がっていた。


残念ながらすぐに閉店時間になってしまい、そのままチェックビン。レシートはR5と同じで機械式になっていた。ドリンク代も同じでビアシン1本120THBだった。この後Rainbow系とTwister系が共同経営になったような話をTwitterで知った。どおりで同じレシートと同価格なのだと。


この日のダンサーの見た目レベル的にはR5>Randomだったが、盛り上がりはRandom>R5だった。Gumがいたのもあるが、ダンサーもあまりしつこくがっついてこなかったが、見た目的に選べないようなことは全くなかった。R5は全体的に見た目レベルは高いが、2軍以下も結構いるような感じだった。


よって、見た目よくいわゆる1軍嬢をPBして楽しみたいならRainbow系、1.5軍レベルでも店内で盛り上がって楽しみたければRandomの店内レイアウトが比較的自由があるので良さげに感じた。


いずれGumと同伴だと入れてもらえない店は増えると思うが、時々一緒に行って楽しみたいと思った。Gumは自分がいるとダンサーが遠慮してしまうことをやはり気にしているようだったが、時にはそれも良いではないか。


Randomを出た私たちは周りを見渡すと、既に営業している店は一つもなかった。今日は全て終わり。Nana Plazaを出るしかなかった。Soi4の屋台がまだやっていたので、イサーンソーセージを買ってホテルに持ち帰り二人で食べたが、とても美味しかった。次回見つけたらまた買いたい。1本10THBだった。


4→6→8の道順でホテルへ戻り、Gumに初ナイトスポットの感想を聞いてみる。


皆私より若くて可愛い子ばかり。あなたがそこへ行きたくなる気持ちは良くわかった。やはり私がいるとダンサーはあまりアピールしてこないね。美容院へ行ったり用事を済ませるから、私は一人で大丈夫。あなたも休暇を思い切り楽しんでRelaxに専念して。屋台でお土産を買ってきてくれれば良いから。でもダンサー以外の普通の人と会ったりはしないでほしい。


わかった。店が閉店したらすぐに部屋に戻るよ。そして帰り道屋台で食べ物を買って帰るよ。


その後二人でシャワーを浴びて、少し早め(といっても0時過ぎ)に就寝した。


そんなわけで2年2ヶ月ぶりのタイナイトライフだった。とても短時間だけど、FaengとR2へ行った時のことを何故か思い出したりして楽しかった。Gumは私が思っていた以上に大人で、腹が座っていた。完全には思い出せないけど、過去何度か見た顔が多い。この2年で店は閉まったり併合されたり大きく変わったものの、ダンサーの半数以上は恐らく変わっていない。


しかしCovidで客は減り、PBもこの日は数える程度。どのダンサーも必死に客を得ようとアピールが激しい。そんな中でも安定して客に呼ばれてドリンクやPBされるダンサーが今後も勝ち残っていくのだろう。いずれ観光客が戻り突っ立ち置き屋状態に再びなってしまうのかもしれないが、もう暫くはこの良い状態が続きそうに感じた。


今回の渡航中、私が呼びたくなるようなダンサーは現れるだろうか… まだこの時は実感が湧かなかった。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村







-タイ渡航記
-, , , , , , , , ,