広告 日記

Si Racha

昨夜は煮え切らない気持ちのまま、Nana Plazaを去った。今までだったら閉店の2時や3時まで居たのに、今回は1時過ぎで退散。それだけ既に飽きはじめているということだ。他のSNSや掲示板でも書かれているとおりで、PBそのものをする客が減っている=それだけ見た目も正確も良さげなダンサーがコロナ前と比較して大幅に減っている。私も強く感じている。一人で虚しく10分近く歩き続けてホテルへ到着。シャワーを浴びて直ぐに就寝した。


朝は少し遅めに起きてからSoi8のMonsoonへ徒歩で移動して朝食を二人でとった。以前より大分人が増えている。このレストランが入っているAdelphi Suites Bangkokはもう高すぎて私には手が出せない価格になっている。現在は一番安い部屋でも1万5千円位になっている。下手な5つ星ホテルより高い。


朝食のあとはSukhumvit通りでタクシーを拾おうとするも、エカマイまでは近くて乗車拒否をされてしまうため諦めてBTSで移動した。その後は東バスターミナルでシラチャ行きのバスチケットを購入し、直ぐに発車した。この時時刻は11時を少し過ぎていた。1人あたり109THBだった。


外を眺めている途中で眠ってしまい、起きたら既にチョンブリのセントラル前まで来ていたが、シラチャまでまだ距離があるため再びウトウトしながら到着を待った。午後1時を過ぎたあたりでシラチャの中心街、ロビンソン百貨店の向かいあたりでバスを降りた。


本当はバスの社内でGumに不動産屋にコンタクトを取ってほしかったが、流石に事細かく指示するのは悪いと思ったため、ここで一旦昼食を取ることにし、直ぐ側にガパオ屋があったのでそこで食べることにした。食事中にGum経由で何部屋か連絡してもらったが、全く返信なし。LINEは既読すらつかなかったなかでも1社だけ自分が気になっていたコンドミニアムの他の部屋は見せてもらえると返信があり、直接コンドミニアムへ行き、受付で誰々にOKと言われたから見せてくれと言えば鍵を貸してくれるとのことだった。


私はタイで物件を借りた経験がなく、日本でもほぼ無いに等しかった。日本なら不動産屋に電話したら最寄りの場所まで迎えに来てくれるものだと考えていたが、こちらはそういうサービスはなさそうだった。仕方ないのでバイタクを拾い、コンドミニアムの名前を伝えたらすぐに理解されたので、このあたりでは名前を言えば普通にたどり着ける場所なのだろうと感じ、少し安心した。


ものの3分程で目当てのコンドミニアムの前まで到着し、3ケツwだったので、2人分で50THB払った。一人なら25で良いらしい。中心街から若干内陸方向へ入った場所にあるこのコンドミニアム。私的にはファシリティが充実していることと、2019年築の築浅の物件の割に価格がこなれていることが気に入っていた。私はGumに話を聞く前にネットでおおよそ10,000THB/月と考えていた。これより小さい部屋だと9,000が平均。しかしこの部屋は8,800で良いそうだ。その代わりベッドのシーツや枕はなかったので別途購入が必要。そして寝室のテレビはなかった。これは見ないのでリビングには一つあるので問題ない。それからTRUE?のWifi機器がテレビの横についていて、300THBがそのWifi代だという。部屋が8,500、Wifiが300の計8,800THB/月。部屋を見た感じは綺麗で気に入ったので、この部屋を契約することにした。


1時間ほど部屋で待ち、仲介業者の方が来てくれて契約書にサインとDeposit2ヶ月分、家賃1ヶ月分の26,400THBを手渡し、その後は毎月1日に8,800を契約書に書いてあるオーナーの口座へ振り込んでくれと言われた。その後オーナーのIDカードの写真をLINEでもらえたため、TM30の手続きはこちらの操作のみでネット申請可能と思われる。部屋の日用品は後日購入することにして、この日はとりあえずバンコクへ戻ることにし、再びコンドミニアムの前の通りからバイタクでバスターミナルへ移動した。今度は30THB/人だった。距離は行きより少し遠かったので妥当なのだと思う。


バスターミナルでチケットを購入し、17時半のバスしかないため1時間程待ち時間があったため、向かいの商業施設(名前失念)の中にミスタードーナツがあったため、少し購入して食べながらバスを待った。時間より10分程早くバスが来て、そのまま10分早く出発した。しかしバンコクへ入ってからの渋滞が激しく、7時50分頃エカマイへ到着した。


その後エカマイの商業施設の中にあるフードコートでタイ料理を数点購入して食べてからタクシーでホテルまで戻ってきた。初日の夜に詰まらないことがあったが、予定していたことを一つ済ませることが出来たため、少し肩の荷がおりた。その後は少し飲みたくなったため、Nana Plazaは初日に嫌な思いをしたため、Soi Cowboyへ向かうことにした。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-日記
-, , , , , , ,