タイ渡航記

【2022年3月タイ渡航記】Silomへ

昨夜は久しぶりにまともに飲んだからか想像以上に寝付きは良かったようで、普段なら3時や4時に起きてしまうのに6時まで一度も起きなかった。二日酔いは全くなく天気も良いようで外は少し明るくなり始めていた。Gumは相変わらずで、自分が起こさない限りは寝ているので、シャワー浴びて隣室で水を飲んで一服した。


部屋からふと外の景色を見ると、そこは以前私が宿泊していたSukhumvit6が見える。正面奥の白いホテルがPachara Suites、その真向かいの焦茶色の小さいホテルがDynasty Grande Hotel。手前の工事中のホテルがGrand Sukhumvit Hotelはいずれも全て閉鎖中。Pachara Suitesは看板に黒い布が被せてある。昨日Nana Plazaからの帰りでこの前を歩いた。Dynasty Grande Hotelの前は鉄板で駐車場が塞がれており、完全閉店の模様。Pachara Suitesはレストランに灯りがついており、昼間も駐車場に車が出入りしていたので、再開の準備をしているようだった。Grand Sukhumvit Hotelは解体なのかリノベーション中なのか、毎日工事をしていた。外の衝立にはCROWNE PLAZAのロゴがあったので、ここで新たに始めるのか?それとも元々クラウンプラザ系列のホテルなのか?

部屋の窓から見たSukhumvit6。このホテルと部屋を選んで正解だった。

昨夜ふと撮った写真。クラウンプラザのロゴが見える。
後日撮り直した図。確かにクラウンプラザのロゴが。

ダイナスティーグランデホテルの隣には古いコンドミニアム?があり、そこの1階にはセブンイレブンやクリーニング店が入っていたのだが、それらは全てなくなってしまっていた。今回Nana周辺を歩いてみて、6が一番Covidの爪痕が大きく残っている。その他は4の6と繋がる道の側のTatoo屋の隣にあるCoffee Clubもなくなっていた。

Coffee Clubも閉店

その他写真を撮り忘れてしまったが、自分が気づいた中では夜はLBの集団が屯ろしている4のDynasty Innも閉店中だった。4月以降は観光客も一定数戻りそうな雰囲気なので、これらも徐々に復活してくるのではないかと思う。


Gumの兄はどうしてもペットの世話をしなければならないので、無理に車を出してもらうわけにはいかなかった。私が彼の部屋の掃除でもしようかとも思ったのだが、Gumに私がするのでしなくて良いと言われてしまう。せっかくの休暇なのだし、ストレスを溜める様なことはしないでくれと釘を刺されてしまった。


そんな訳で3日目以降はノープラン、バンコクでのんびり過ごすことにした。パタヤやプーケットへ行っても良かったのだけど、Tweetを見る限りCovid感染リスクは結構高そうに感じたのでpassした。それに少しNanaを覗いただけで、ここで他所へ行って引き下がるわけにはww Gumが起きたので今日はSilomにマッサージへ行きたいと話すと、私も行きたいと言うので、今日はSilomでマッサージへ行く前に日本から持ってきた要らないスマホやタブレットを売りにMBKへ行くことにした。Gumに聞くとMBKはNational stadium駅前だと言う。最初タイに来た時にパッケージツアーに参加するため、この駅で降りたことを思い出した。当時はMBKの存在すら知らなかった。


ホテルを出た私たちはホテル外の屋台で食べようかとも考えていたのだがそのままNana駅に来てしまったので、Siamで朝食をとることにした。

時々いきなり写真を撮ってくれと言ってくるGum

BTSへ乗ってSiam駅で降りるも、近所の飲食店は全て開店前だった。暫く歩くもほとんど営業していなかった。Sukhumvit通り沿いにTrueかやっているCafeがあったので、そこで朝食をとった。結局National stadium駅まで歩いてしまったことになる。やはりSukhumvit8の屋台で食べれば良かった。


食事後にMBKまで徒歩で移動。朝なのでそんなに暑く感じなかったが30℃。少し歩くと結構汗をかくので良い運動になったかもしれない。この時10時ちょうどでMBKの開店時間だったので、早速入ってみた。

Siam駅からここまで歩いてしまった。

Gumに連れられてスマホコーナーへ行き、おばちゃんがいる店でAndroidのスマホとタブレットを渡し査定してもらうと、SHARPのAQUOSはタイでは使えない様で、それだけは買い取ってもらえなかった。3つで1,400THBで買い取ってもらえた。Docomoのことを「子供」という面白いおばちゃんだった。日本で持ち込んだら3,000円にもならなそうだったので助かった。


それからMBK内をウインドウショッピング。時計やシャツや靴のパチモノの店は結構開いていたが、特に欲しいものはなかったので買わなかった。スマホでTHBのレートを見るとすぐ側のSiam Exchangeが1番レートが良かったのでいくらか両替した。場所も駅から3分程なので便利と感じた。

Siam Exchange
この日は1万円で2,850THB

その後駅に戻り、サラデーンへ向かった。既にSilom線に乗っているため、Siamで乗り換えは不要だ。Gumは乗り換えようとしていたので止めてしまった。ここは始発駅なので余裕で座れて快適。


サラデーン駅に到着し、タニヤ通りを見ると左側は大分変わったイメージ。右側もHootersが無くなっていたりと少し寂しく見えた。

サラデーン駅ホームから見たタニヤ通り。大幅にKTVの看板が減った様に感じる。

この日は月曜日の午前、周囲のオフィスは仕事中だからか人通りは少なかった。ついでにタニヤスピリットでレートを見ると1万円で2,845THBだった。大体Siam ExchangeやX oneと同額か、5THB程の差があるようだった。

Hootersは閉店。通り入口にはタニヤプラザの看板が増えた。
新しいタニヤプラザ。路面も石が貼られていた。

シーロム通りからタニヤ通りを見ると、最初の路地へ行くまでが物凄くスッキリしてしまって大きな違和感があるが、いずれまた慣れてしまうのかもしれない。昼間なので通り過ぎるだけで、スリウォン通りへ出てパッポン方面へ歩く。

スリウォン通り。ここもCovidによる爪痕が大きく残っていた。

スリウォン通りをパッポン方面へ歩き、サリカフェがある路地を入る。サリカフェは営業していたが、サリカマッサージは閉店中。有馬温泉とキングスボディハウスは営業していたので、キングスへ入店した。

サリカフェは営業中。サリカマッサージは閉店中。
確かな技術ト

この日は私もGumもタイマッサージ2時間でお願いし、とてもリラックスできた。ベテランのおばちゃんは凄かった。背中を右手でサクサク掘る様な手つきでマッサージしてもらったのが物凄く効いた。確かな技術ト真心のサービスだった。


午後になり腹が減ったので、Soiタンタワンへ移動して少し日本食も食べてみたいと思い、前回行けなかったかつ真さんで昼食。客は私以外は全てタイ人。結構繁盛している感じだった。私はとんかつを、Gumはエビフライを注文した。味はなかなか美味しかった。

とんかつ定食

食事を終えてSilom界隈を散歩している内に、Gumが床屋があるから少し切ってみたら?と言われ、半月前に日本で切ったものの少し伸びてきて鬱陶しかったので、Soiタンタワンのスリウォン通りとの角にある床屋へ入ってみた。ちょうど客がいなかったのですぐにやってもらえた。


とにかく短くしてくれと頼み、横と後ろを刈り上げてもらった。おばちゃんがバリカンでサクサクとカットしてくれた。鏡を見るとおでこのあたりを結構広く切られたので角刈りっぽくなったw 元々おでこは狭いので良いのだけど。料金は350THBだった。


その後は一旦Nanaへ戻り、床屋で切ってもらった後なのでシャワーと、ホテルで少し休憩してから夕方になった。Gumは兄の家からかなりたくさん荷物を持ってきてしまい、そこまで要らないのでタクシーで一旦実家へ戻ると言う。恐らく私に気をつかってそう言うのだろう。別にホテルにいるのだから荷物が多くても問題ない。


Gum、そこまでして俺に気を使わなくていいよ。確かに一人の方が動きやすい時もあるけれど、俺はあなたに見られて疾しいことは何一つしていない。夕方はSoi7とCowboyを見に行くけど一緒に行く?


ううんいいの。逆に兄の家に置いてきてしまった荷物と入れ替えもしたいから行ってくる。夜は何か食べ物を買ってきてくれれば嬉しい。


わかった。でも遠いからタクシーで行ってきて。とにかく事故がない様に。


ええ、あなたも酔っ払ってお金無くしたりしない様にね。


そんな話をしてGumにタクシー代を1,000THB程渡し、一緒に外へ出てSukhumvit通りでGumはタクシーに乗ってドンムアンへ。私はSoi7へ移動することにした。この時GrabやVoltとかも試してみれば良かったと後で思った。結局今回はそれらを利用する機会がなかった。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-タイ渡航記
-, , , , , , , ,