広告 日記

シラチャのナイトライフ(上辺だけ)

ここ数日体調不良気味。喉が少し腫れていて、鼻水が少し止まらなくなってしまった。熱はないので疲労からくるものだと思う。昨日シラチャのパヤタイ病院の下にある薬局で片言英語とジェスチャーで鼻炎用の薬と喉に使うスプレーを購入した。1日あたり一錠で良いらしく、飲んでからは確かに少し楽になってきた。まだ完調でないため無理は控えたい。昨夜はシラチャ中心街の飲み屋で少しだけ飲んできた。それでも3店舗で1時間ずつなら結構な時間か。Sirachanaakron4~6しか見なかったが、Soi1やSoi Sony?という通りにもあるよと店の女性は話していた。


事細かに書いてしまうとここは狭い世界みたいなので、ある程度浅めにしておく。今回行ってみた感想として、もうそんな頻繁に行かなくても良いかなという感じ。バンコクやパタヤの飲み屋と違い、ブンブンは相当通わないと無理な相手がかなり多そうな気がした。中にはブンブン前提の店もあるのだろうけど、基本的には1時間セット料金+LDの総額を支払う形態。セット料金は300~500と言われたが、最初に行ったNakorn6の何とか&Himikoという店が一番安かった。その他は同じSoiのしおりという店と白のブラウスと水色のNanaのRAIBOW系で見かけるようなチェックのスカートを履いている女性が座っているアニメ絵が書いてある北側の店に入った。


ママさんらしき方に日本語~で手を上げたりやたら可愛くてアピールが半端ないのは初回なのでスルーした。その中でも最初の店で選んだ子は日本語はあまりわからないようだったが、英語はある程度タイ語まじりで話してくるため、会話のテンポが良く居心地は良かった。次回もこの子を呼んで良いかなと思えるレベル。153cmの41kg、パヤオ出身の24歳。姉妹も同じ店に居ると話していたが、もうひとりは今日はDay offとのこと。髪は茶髪のロングでどちらかと言えば可愛い系。この店だけ他の店と違うところは、飲み放題のビールがLEOのみになっていた。他はSingha、Chang、LEOかSinghaかLEOとママさんから聞いた。


途中トイレに行きたくなってしまい、一旦ロビンソン百貨店まで移動して閉店前に何とか駆け込んで済んだ。その後小腹が空いたため、Nakorn5にラーメン屋を発見したので入店。とんこつラーメンを注文した。私は汗だくになっていたため、店の女性が2階はエアコンあるからと案内してくれた。いわゆる博多系豚骨ラーメンで、私はこのラーメンをもの凄く気に入ってしまった。店主は日本人の様で、会計は日本語でしてくれた。ここは間違いなくまた来たい。

今までタイで食べたラーメンの中で一番おいしい


次のしおりは女性の数が半端なく多かった記憶がある。どの店もそうらしいが、上の階も席があると話していた。ここでは見た目重視の小柄な子を指名した。150cm24歳、ブリラム出身。黒髪ショートボブ。元センタンチョンブリ?の金屋店員と写真を見せられた。顔やスタイルは普通にS以上はあると感じたが、日本語はまだ不可、英語もかなりしんどそう。ほぼタイ語のみのため、ルックス客寄せパンダ要員なのは間違いなさそう。といっても、私がもっとタイ語が理解できれば良いのだけど、それでもある程度Yes or Noで答えられるものはタイ語で回答するようにしていた。4目並べを初めてやってみたが、結果は相手の方が少し勝ちが多かったか。ここも1時間でチェックビンして他の店へ。


Nakorn5と6をぐるぐる歩いてみるも、6は店員に手を引っ張られて大変だったが、最後はまいこーJという店に入ってみるも、女性が少なく5名程しかおらず、しかも選べる容姿でないため断って白ブラウス水色スカートの店にした。


こちらもセット料金500と言われた。女性の人数は15名くらいでその中でまた可愛い系を指名した。20歳165cmノンカイ出身。髪型は黒髪ロング。この子もバンコクのgogoだったらかなりのところまで行けるのではと思えるレベルで、Sの↑はあると感じた。まだ1週間目の新人とのことだったが、おばさんがここのママさんとのことで途中から一緒に飲むことになってしまったw ここでもサイコロが入った入れ物を振って1が出たら外に出して6が出たら相手に渡すみたいなゲームと、サイコロの出目でJackpotの積み木をひっくり返すゲームをしたが、それなりに楽しめた。ここも1時間でお開きにして今日は終了。


肝心の客の入りは、平日だったからかそんなに多くない感じ。週末はかなりの日本人客でごった返すとママさんが話していた。その他気になったこととして、何処に住んでいるかと、どの店でも質問された気がする。恐らくこの場所やコンドミニアムの名前によって、この客は金があるかないかを判断している様に感じ取れ、私はもちろん金がない部類に入るため、ここで篩に掛けられたのだと感じているのもあり、もう行ってもブンブンのチャンスなんてないだろうし無理に飲んでも楽しくないため、余程のことがない限り行かないと思う。


因みに2つ目3つ目の店で例えば他の客は何処だというのと質問すると、KEENやLadda Plusだとのこと。要はこの界隈のコンドミニアムでは比較的高価なところ。私も興味があったが、不動産屋に連絡しても既読すらつかなかったので、結局部屋を見せてもらえなかった。嘘でもこの2つのコンドの名前を出したほうが良かったか?www 私は悔しいから、日本人だらけの所に住んでいたら自分のタイ語力Upに繋がらない、それに日本人と会社以外であまり絡みたくないと話しておいたwまあここで私は貧乏客と判断されたのだろうから、もう行かなくていい。1つ目の店がママさんも女性も価格も良心的で、今後近場で飲みたくなったらここへまた行こうと思う。


いよいよ明日から12月。約半年弱続いた無職生活が終わる。長かったようでとても短かった。タイへ来て理不尽に思うことは沢山あり、恐らく今後もそう感じ続けるのだと思う。考え方のギャップや相互理解というか誤解を生じさせないためにも、ある程度のタイ語力は必須と考える。今日も明日の朝食を買いに車でセブンイレブンへ行って戻ってきたら、守衛がバーを開けてくれない。後ろの車を待たせたまま、タイ語でずっと質問される。途中、ステッカーという単語が出てきたため、こちらは英語で引っ越してきたばかりでそんなものもらっていないし、部屋のオーナーやコンドミニアムの受付からも説明を受けていないと伝えるも開けてもらえず。仕方なくGumにLINE電話でマイクONで守衛と話してもらい、ステッカーを買う必要があるそうなので今日はGUESTの札を貰って駐車場へ入れてもらえた。


こんなことが日常茶飯事で起こるのがタイランドなのだと。そして恐らく新たな会社でも役職や現地採用というだけでも実力抜きに差別や見下される可能性が高いと感じている。これは昇格しない限り変えることは不可能だし、どうしても合わないと思ったら退職して日本へ帰るしかない。それもある程度やってみてからでないとわからないため、暫くはタイで働いて過ごせればと思う。それに今回越してきたコンドミニアムはムカつくことはあっても設備的に結構気に行っている。今日も最上階のヌルいw温泉に入ったり、まだ触っていないフィットネス部屋を見て写真を撮ったり、図書館へノートPCを持ち込んでなんちゃってノマドワーカーのフリをしてRELAXは出来ていると思う。Wifiは図書館もラウンジもロビーも備わっていて、午後5時なんて書いてあったが普通にいつでも使用出来ている。


明日からは仕事に専念したいため、毎日更新でなくなると思いますのでご了承ください。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-日記
-, , , , , ,