日記

失意のナイトライフ

Soi Cowboyへは、Grabのバイクタクシーをホテル前に呼んだ。トゥクトゥクサービスは朝7時から夜8時か10時まで、フロントに声を掛ければJWマリオットホテルの向かいのプルンチットセンター前まで行ってくれる。


今回はホテル前からそのままバイタクでSoi23のらーめん味彩の前でタクシーを降りた。そのままSoi Cowboyへ入り2往復くらい外を歩いてみた。店は100%開店しており、ぼったくりと言われていたBACCARAの向かいとかのグループも全て営業している。確かに外に立っている女性の中には、目を引くのも居ると感じたけれど行かないw


コロナ前も同じだったように、見た目重視ならBACCARA以外に選択肢がほぼないのは変わらない気がする。店の外でも盛り上がっているのは、同じ系列のSuzie Wongが勢いがあるように感じた。


先ずはBACCARAへ入り、右角から1つ内側へ入った席が空いていたので座る。右角だと柱が邪魔になって見えないw ほぼ満席、ダンサーもステージに10名以上立っている。7月の時と殆ど同じ顔ぶれ。Youtubeに出ていた有名どころはWanと日本語ペラペラダンサーの二人は居て、ダンス真面目ダンサーはこの日は見かけなかった。平均レベルはA以上はあるとは思うが、いかんせん年齢はかなり高めに感じる。下手すると30超えるんじゃないかというくらい。


満席に近いものの、接客しているダンサーはやはり少ない。席についてもPBするのかしないのかみたいなスタイルは今もそんなに変わっていなように見えた。日本語ペラペラダンサーが積極的に日本語で客に声を掛けて、ほぼ強引にPBに持ち込んでしまうのは、やはりベテランの為せる技というべきか。その他は軽く揺れているか、手を降って少しアピールしてくる程度で、特に呼びたいと思えるダンサーは居なかった。


とりあえずビアシン1本でやめ、2階は見ないで外へ出て23のCrazy Houseへ入店。ここもほぼ満席状態なのに、接客中のダンサーはほぼなし。客の楽しむスタイルがPBから飲みに変わってきたのか、皆金が少なくて地蔵が好まれるのかは分からないが、どこへ行っても接客中のダンサーはソイカに限ってはあまり見かけない気がする。


CHはもの凄く積極的に踊っているダンサーは居るものの、全体的に呼べるレベルのダンサーは皆無。コロナ前に居たOilちゃんも台湾人と一緒になって足を洗ったからか、もうその姿を見ることはなさそうだ。


ここもコーラ1杯でやめてジャスミンの地下でトイレ休憩してからAsok駅の南側へ移動してバイタクを拾ってNanaへ向かった。比較的近かったからか40と言われたが60渡しておいた。


Nana Plazaへ入る。周囲は客で一杯。Twister BKKの入り口を見ると、例の外担当のSS級女性が座っている。歩きながら少しロックオンしてみるとそれに気づいたようで、少し微笑んできた。この日は前日のR4やR5での詰まらなかったことや、7月にも糞ダンサーに意味がわからない請求をされ、もう皆で飯なんて気にもならなくなってしまった。ウエイトレスたちは、私に気を遣ってるのかは知らないが、ダンサーにブンブンなしの飯だけで11,000は普通あり得ないと話していた。こういう基地外ダンサーは二度と呼ばないので問題ない。


外要員にこの日は話しかけなかったが、いずれその気になれば少しだけ話してみたいと思う。各店舗を外から少し覗きながら歩いてみると、GEISHAは分からないが小規模店はほぼ客が一人も座っていない。その中でもTWISTER BKKやSPANKYSやMANDARINはそこそこ客は入っていた。あとはR2も若干ではあるものの、他のR3やR69よりはマシな程度。その他はほぼ空っぽ。これだと小規模店は入れ替わりがあるかもしれない。とにかく全く客が座っていない。


とりあえず3階へ上がり、Billboardへ入るも満席を通り越して客が溢れていて入れなかった。仕方なく向かいのButterflesへ入店。こちらは普通に座れた。以前と違いステージはバスタブ含む3つ全てをOPENしているものの、ダンサーの頭数がやはり少なめに感じる。店が広い割にダンサーが少ないのはちょっと考えてしまう。接客中のダンサーが少しいると直ぐにステージが空っぽに近くなるようでは、もう少しダンサーを集めたほうが良いと感じた。


1杯で出てどうしようかと暫くR3の前のあたりで黄昏れていた。このままこういう場所は廃れてなくなってしまうのではないかと感じるくらい、店やダンサーの質が大幅に落ちてきている。その後再び私はPlazaの各階を彷徨うかの如く、ふらふらと歩いてしまう。


2階のR4の前を通り過ぎ、R5の前を少し通り過ぎようとした時、手を引っ張ってくる者が居た。後ろを振り返るとR4のウエイトレスのMaiだった。


どうしたの、今日はこないの


ああ、昨日Abeにドリンクジェスチャーを遠くからされて断ったのを根に持たれて、帰りに声を掛けたらシカトやチップ寄越せと言われ、バカバカしくなって行く気がなくなった。他のウエイトレスもそうだ。私に何もサービスする前に久しぶりだからドリンクとか言ってこられるのもこちらは受けたくない。


Maiはそれを聞いて暫く考え、私に返答する。


そんなの無視してマイペンライ。嫌いな相手にドリンクをあなたは渡す必要はない。


それはわかるんだが、俺が悪い奴みたいに思われるのが一番気に入らない。俺は今までだってやれる限りはやってきた。それは君らがちゃんと仕事をしてくれたからだ。それなしにドリンク寄越せってなんだよ。あまりに酷いよ。それにMai、俺が君の依頼に応えられなかったのは悪いが、LINEをブロックすることはないじゃんか。


Maiはいう。


ごめんなさい。あの時はコロナで仕事がなくて稼げなかった。だからあなたにも無理なお願いをしてしまった。でも今はこうしてR4で働けているからマイペンライ。


それにあなたはお客さんでしょう!あなたが渡したくない相手には断っていいの。私達だって仕事してもドリンク貰えないお客さんは沢山いる。あなたは優しいからつい関係ない子もドリンクって頼りたくなるのだろうけど、あなたは断ってOK、マイペンライ。だからAbeなんて相手にしなくていいから、私が席を作るから来てよ。


Maiはそう言って半ば強引に私の手を取り店へ案内される。それでも多少ウエイトレスやAbeもMaiが話したのかごめんと言ってきたのでドリンクは1杯だけ渡した。Maiが渡さなくていいと怒っていたが、その時は私は別にいいやと思ったので渡しておいた。特にAbeとR5のJoyの母親のJajaは私に対しなんのサービスもしないのにドリンクを寄越せと言ってくるので、基本シカトしている。


1時間程Maiとアンちゃんと兄貴のルーシーと飲んでチェックビン、その後はR5へ。


R5も満席でNanaが気づいて案内してくれるが、Joyを呼んでいないのにJoyが来てドリンクを数杯投げる羽目に。R4は3,100程度、R5は4,000強支払った。


別にJoyが嫌なわけではないのだけど、私だって店にどんなダンサーが居るのかを観察したいし、良さげなダンサーがいれば一緒に飲みたい。3月も7月も別に私からJoyを指名したわけではない。たまたま少し話しただけで毎回来られるのは勘弁してほしい。他にJoy目当ての客は沢山いるのだから、そちらからドリンクをもらってほしい。次来られたらそう伝えたほうが良さそうだ。この日も1時前くらいで店を出てしまった。その後は再び徒歩でホテルまで戻りシャワーを浴びて就寝した。


昼間色々と手続きをしなければならないが、全て自分で調べて解決せねばならないことに少し苛立ちを覚えている。少し時系列が前後してしまうが、火曜日の昼間の時点でWPの申請が却下された。私は会社側から要求されたドキュメント全てを用意して提出していた。タイのBOIというところがケチを付けている部分を修正テープで消してPDFにして送ればいいじゃんと私は思うのだけど、それを私が前の会社にそこを削除して再送してくれなんて普通言えない。


だったら、このフォーマットに必要事項を記入して返信してくれとしてくれたら間違いはなかったはずだ。そんな用意もしてくれず、こちらが送ったものにケチを付けられるようではたまったものではない。そのくらい判断して会社でやってくれよ。


具体的に何の事項について記載が必要で、何が不要なのかをハッキリと示してほしい。無駄なやり取りが多すぎて本当に疲れる。パスポートの写しをくれと言われたから写真を撮ってサイズを小さくして送ったらPDFにしてくれないと困るとか、会社にコピー機やスキャナはないのかよ。それかJPGをPDFにする術をしらないのか、これでは単なる通訳にすらなっていないではないか。


単に相手からもらったデータや書類をタイのBOIって機関に送っているだけなら通訳はいらない。タイ人相手に空気読んでくれと思うのは私のエゴなのだろうか。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-日記
-, , , , , ,