タイ渡航記

【2022年3月タイ渡航記】Take off

機内でシャンパンをもらいつい2杯飲んでしまいご機嫌な私。あっという間にプッシュバック開始で、時計を見たらまだ11:36。定刻より10分近く早く動き始めた。これは2回目のセントレアからの渡航時と同じで、相当な早着が期待できるかもと飛ぶ前からワクワクしてしまった。日本の航空会社も早着する場合があるけど、タイ航空はその上を行くと私は感じている。


飲み物を頼んでいる間、チーフパーサーの男性が挨拶に来てくれた。こんなの普通だろと言われるかもしれないが、タイの人らはなんだかんだ言って親切な方は多いと私は思う。


滑走路待ちもまだまだ少ないようで、スルスルと機体を転がしているところを窓からカメラで撮っていたら、滑走路へのターン中にエンジン全開で思わず吹いてしまう。日本の航空会社は真面目なので、このようなテイクオフの仕方はまずしない。ターンしたところで大体一時停止してからテイクオフするのが通常のような気がするが、今回はそのまま全開テイクオフでとても楽しかった。


何の問題もなく離陸、上昇していく機体。久しぶりのGの感覚にイキそうになった(嘘)
少し上昇したらポーンと、シートベルトサインが消灯しまた吹いてしまう。JALやANAじゃ絶対ありえないっw だからタイ航空好きなんだよな。そんな感じで30,000フィートを超えたところでお食事タイム。Fish or Beefということで、今回はBeefを注文した。飲み物はビアシンを。日本が女性CAが多すぎるのもあるけど、私は男性が数名は乗っていてもらった方が好き。やはり高所や力仕事は男性の方が早くて的確だからだ。


少し待っているとやってきましたビーフはこんな感じで、見た目はなかなか美味しそうに見える。

ステーキっぽいのが出てくるかと思いきや、実際は肉団子みたいなのが出てきた。味は普通に美味しかったがやはり加工肉でないものが食べたかった。パスタは結構太めで食べ応えがある。もちろんセンレックではないw


全体的に味付けは薄味。何でかなぁと思いながらカトラリーを見ると、塩と胡椒の袋があった。要は好みで調整してねスタイルに気づく前に全て食べ切ってしまったwww 満腹で満足した後ビアシンを飲んでいるとCAに何か飲むかと聞かれ、コーヒーを頼んで持ってきてもらった。砂糖やクリームなしのブラックが好み。


食後は照明が暗くなり、窓も全て閉じてお昼寝タイム。シートはフルフラットになるけど、結構経たっている感じはある。777といっても長ければ15年近く使っている機体もあるのではないか。リクライニングのボタンは一部塗装が剥げていた。こういうのは致し方ない所だと思う。


完全に眠るというよりは、iPadに保存していた音楽を聴きながら今どこ画面をボーッと眺めていたところ、再び男性CAが参上し、にいちゃんコーヒゼリー食べるかい?と勧めてくれたので持ってきてもらった。

これが一番美味しかった

男性CAが持ってきてくれたコーヒーゼリーをラテ?の中にぶち込み、スプーンでかき混ぜてから食べてみると、Aroi!ラテは氷で冷やされているので、ゼリーも自然に冷えていくのでのどごしがとても良い。めちゃ甘という訳でもなく、程よい甘さでちょうど良かった。一緒にもらったクッキーも美味しくいただいた。


その後は横になりながらも睡眠はせず、無心で画面を眺めていた。香港辺りからあっという間にベトナム、タイへと飛行機が通り過ぎたように感じた。飛行中も常に30分以上の早着予定で、最終的には57分早着でスワンナプーム国際空港へ到着した。17:05到着予定が16:08に着陸して驚いた。

まだまだ暇そうなタイ航空機

残マイルや金銭的にも今後C席に乗るチャンスは今回が最後かもしれないと思うと少しさびしい気もしたが、再び空の旅を楽しもうとする思いがあればいずれ道は開けるさと思いながら、クルーへ挨拶をして降機した。


扉から脚を出した瞬間、あの”モワッと”した空気が体内へ流れ込んできた。


これ、これだよ。俺が失いかけていたものは…

AnnyやFaengやPaoをはじめ、沢山のタイの人らを思い出したよ、マジで…


おまけコーナー

私は20年1月、最初本人から名前はPaoだと言われていたが、その後良くわからずで元R2ウエイトレスのMai経由で彼女とやり取りをしばらくしていたが、当時はPawとLINEでは名乗っていたが、最近Paoに名前を変えていた。やはり私の記憶は正しかった。何故Pawに変えていたのかは知らない。いずれR○に戻るのかもしれない。

にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

-タイ渡航記
-, , , , , , , ,